日々をゆかいに過ごしたいので、色々書いてみます

ゆかいな、生活にしたいね

暮らし

立秋 意味

投稿日:2020年8月7日 更新日:

本日、8月7日が、2020年の立秋

2020年の立秋は8月7日です。

立秋ということは、この日から秋という意味です。

梅雨が開けたばっかりで、やっと本格的な夏が来たのではないかと思いますが、梅雨明けが例年になく遅かったのでそう感じます。

ですから、立秋はいつですかと言うと8月7日です。

立秋の意味は、二十四節気のひとつで、この日から秋を表します。

秋になるのに暑さは残っています。

ですから、立秋以降の暑さのことを残暑と呼び、これ以降は暑中見舞いではなく残暑見舞いです。

暑中お見舞申し上げます。

とは書かずに

残暑お見舞い申し上げます。

と書くのが普通です。

立秋のイメージは、まだまだ夏の真っ盛りですね。

勘違いして、旧暦だからという人もいますが、それは違います。

立秋は私達が現在使っている暦で8月7日(2020年の場合)なのです。

日本人は先取りをするのが好きなので、この暑い時期にも秋の気配を感じるのです。

ちなみに季節の挨拶で立秋の候というのがありますが、これは「りっしゅうのこう」と読みます。

時々「立秋のみぎり」なんて読みますなどと、教えるような人もいますが、間違いです。

みぎりは 砌 と、書きます。

りっしゅうのこう と、読みましょう。

立秋の頃の食べ物としては、何があるでしょう。

とうもろこしは旬が過ぎています。

スイカはいかにも夏ですが、この頃も美味しいです。

涼しさから言えば、ところてんですね。

ところてんは「心太」と書きます。

これも読むのが難しい字です。

ところてんを酢醤油と和辛子で食べるのにふさわしい時期です。


伊豆河童 ダイエットところてん 30食 選べるタレ付 無添加 糖質制限 国産 リピーター 業務用 柿田名水 突き済み 小袋入りところてん asu

-暮らし
-, ,

Copyright© ゆかいな、生活にしたいね , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.